FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

汗と潮と愛液が止まらないガチ汗だく性交4本番! 皆野あいの感想

AVの理想型の一つ

ストーリーなし。男と女が本能のおもむくまま、濃厚キスを交わしながらハメる、という点において、理想的なAVでした。多少の演出はあるのかもしれませんが、女優の「汗」には本気度の高さを感じます。つまりちんこに効くということです。

「濃厚キス」と「汗」の組み合わせはちんこにびんびん効きます。

汗と潮と愛液が止まらないガチ汗だく性交4本番! 皆野あい(アリスJAPAN)。

★★★★

マイナスポイントをあげるとすれば、「男と女のガチ勝負」なのに電マやローターが登場しやがったこと。これは不要。あくまでも、ちんこと指と舌で女優をイカせるべきです。電マやローターは、プロレスで言えば反則の凶器攻撃と同じようなもんですから。
それと、最高に抜ける最後の3pの画面がやや暗め。雰囲気なのかもしれませんが。


ハードなキス・接吻系

キス・接吻系は、どちらかと言えば「スローセックス」になりがちですが、これはかなりハード。スローセックスは、ラブリーな雰囲気がよりスケベ感を盛り上げてくれるので、大変に結構な事であり、私も大好きなんですが、ベロキスAVでハードというのもいいものです。


一番抜けるのが最後の3p

3pが一番いいです。ただし、濃厚キスで始まるのはいいとして、おじさん達、四つん這いにさせて早々にバイブ責め。これはイカンです。電マまで持ち出すし、この間はキスがおろそかになっとる!

クリちゃん電マにバイブさしこみは女優の反応を見てもかなり効果的なんでしょうけどね、ま、早めにおもちゃは切り上げたので良しとしましょう

この3pもそうですが、おまんこ大丈夫かな?と思うほど全体的にハードなピストン。音を上げるどころか、身体をビクつかせ感じまくるあいちゃん。スケベ偏差値高そう。皆野あいはものすごい美人というわけではありませんが(申し訳ない)、エロ可愛い女優さん。

2016年の作品なんですが、これはシリーズ化したほうがいいです。アリスには「いやらしい接吻と交尾」シリーズがありますが、なぜか作品数が少ないし、新作もなければ、それに変わるものもなさそう。

うるや真帆をこれで見たかったなあと、思います。

関連記事
タグ : キス・接吻

| アリスJAPANのレビュー | 23時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://avaegi.blog39.fc2.com/tb.php/1515-2050fcc2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT